企業情報
企業情報トップ
  • 会社概要
  • 社長挨拶
  • 会社沿革
  • 組織図
  • 地図
  • グループ会社

会社沿革

昭和初期 田谷商店創業 増毛で水揚げされるニシンを中心とした魚介類の加工を手掛ける。
昭和23年 北日本水産物創業  
昭和25年 北日本水産物(株)
設立
設立当初は、地場でとれた魚介類を集荷し販売する商社機能を中心に活動。
昭和30年代 日本海から「ニシン」の姿が消える 近海での漁に留まらず、原料の「ニシン」を求め旧ソ連・北米へと進出。
昭和40年 (株)田谷克三商店
設立
田谷商店を法人化。
水産加工会社としての活動を開始。
昭和53年 北日本水産物(株)と(株)田谷克三商店
合併
販売機能を有する北日本水産物と、加工部門を有する田谷克三商店が合併。
北日本水産物(株)が吸収する形となる。
平成2年 (株)北都冷蔵設立 輸出入品を扱う保税蔵置場として、石狩新港の開港とともに設立。
平成3年 (株)はまますマリンデリカ設立 地場の魚介類や輸入ニシン、数の子の製造を主として設立。
平成11年 増毛町に新工場建設 食の安全に配慮し新加工場を建設。
塩数の子、味付数の子の生産を強化。
平成16年 日本海に「ニシン漁」復活の兆し 水質の改善や稚魚の放流など各方面の努力によって、昭和30年代以降、ほぼ漁獲の無かった「ニシン漁」がこの年を境に増加。
平成22年 北海道HACCPの認証を取得 衛生管理の強化を目的に、北海道HACCPの認証を受ける。

数の子(塩数の子・味付け数の子)水産物の加工・卸し売り/贈答品・販売は北日本水産物株式会社